カードローンなら、銀行でも審査が甘いです。

カードローンなら、銀行でも審査が甘いです。銀行と言うとかなり厳しいというイメージですが、無担保系ローンは意外と厳しくありません。銀行は消費者金融よりも多く借りることができます。キャッシングと何も変わりませんが、銀行のほうがいくらか金利が安いです。消費者金融よりも多く借りれる理由は、総量規制で規制されていないからです。銀行のカードローンなら、総量規制を大幅に上回った借入が可能になります。多く借りれる低金利のローンを利用するか、キャッシングのような借りれる金利の高いローンを選ぶかということになります。圧倒的にメリットがあると思われるローンは前者だと思います。つまり銀行のカードローンのほうがメリットが多いということです。

銀行で借りることができないという方は消費者金融を利用する他はないと思いますが、そうではない方は銀行の無担保ローンを利用したほうが良いです。審査の甘いカードローンと言っても、そこは銀行なので消費者金融のようにはいかないと思います。非常に安定した収入が必要になりますが、多ければ良いということではありません。安定していれば、収入が少なくても借りることはできます。総量規制がないということで多く借りれますが、返済計画を立てる必要があります。多く借りるほど金利が多くなりますし、しっかり計画を立てましょう。銀行のカードローンは、リボ払いで返済していくので意外と大変ではありません。審査対策はあまり必要ないと思います。

パートやアルバイトでも消費者金融から借入れが可能になった背景

消費者金融からお金を借りるには、安定した収入があることが前提とされています。それ故、仕事に関しても収入が不安定になる可能性のある非正規雇用者には、審査は厳しいものと言うイメージが強くあったのです。非正規雇用者というのは、派遣やパートアルバイトと言った雇用形態で働く人の事を指します。収入が不安定だと、返済が滞ったりする可能性が高まるとの事で、審査が厳しくなっているのです。また、複数者から多額の借入れを行っている人も、返済が困難になることが目に見えているからと、審査で融資の否決をされる場合が多いです。このように「消費者金融 フリーター」というと審査が下りないことも多い状況でしたが、最近では消費者金融も時代の流れか、パートやアルバイトと言ったフリーター雇用形態の人たちにも、以前より積極的に融資を行うようになっています。

消費者金融がアルバイトやパートで働いている人にも、積極的な融資を行うようになった背景には、雇用形態の変化が挙げられます。現代では、正社員として働いている人はもちろん存在するのですが、就職難などの影響から、フリーター人口が拡大しているのです。その為、非正規雇用であるアルバイトやパートと言った雇用形態でも、安定した収入があると判断された上で、融資額は低くなるものの、多くの人たちが借入れを行うことが可能になったのです。ただし、勤務年数や前年度の収入状況などを重視するところもあるので、誰もが必ずしも消費者金融からの借入れが可能になった訳では無いのです。何にせよ、安定した収入があること、が第一なのです。